コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利潤論争 りじゅんろんそう

2件 の用語解説(利潤論争の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りじゅんろんそう【利潤論争】

1960年代前半にソ連で行われた経済論争。ソ連では1950年代に入って生産,消費,流通の各分野で数多くの経済的困難が表面化してきた。この困難の多くはソ連の硬直的な中央集権的計画システムそのものから発生していると考えられた。そこで56年以後,多くの制度改革提案が提出されはじめた。制度改革をどう進めるかをめぐり論争はしだいに激しさを増し,共産党をも巻き込み,62‐64年にその最盛期を迎えるのである。1962年9月9日付の《プラウダ》に〈計画,利潤,ボーナス〉と題する一つの論文が掲載された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

利潤論争
りじゅんろんそう

リーベルマン論争」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

利潤論争の関連キーワード社会学エアバス街頭劇ちんこ芝居没理想論争今古文論争スタハノフ運動東洋の奇跡相馬土垂ローク

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone