コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利益率 りえきりつprofit ratio

4件 の用語解説(利益率の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

利益率
りえきりつ
profit ratio

利益計画の設定や業績評価を行う際に,収益力を測定する尺度として使われ,資本利益率売上高利益率として表示される。利益率は次のように区分される。 (1) 企業の総合的収益力を測定するために資本利益率を使い次の数式で表わす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

りえきりつ【利益率】

売上高または投下資本などに対する利益の割合。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

利益率
りえきりつ
rate of return

企業経営において獲得した純成果の割合。一般的には、資本と対比した資本利益率return on investment(ROI)を指すことが多いが、さらに区分して売上高利益率を示すこともある。ROIは次の算式で計算される。

 総称としての利益率を資本利益率とすると、売上高利益率はその構成要素である。前記の算式において、企業経営の元手たる資本は、総資本、経営資本、自己資本、純資産、固定資本、投下資本、使用資本などの概念を多様に使い分けて活用される。これに対する利益には、総利益、粗利益、営業利益、経常利益、税引前利益、税引後利益などがあり、分母の資本や売上高とこれも多様に対比している。
 その他、分子の利益概念には、営業利益から資本コストを控除したRI(residual income、残余利益)や、近年の開発指標であるEVA(economic value added、経済付加価値)やEBITDA(earnings before interest, taxes, depreciation, and amortization、利払前税引前償却前利益)などがあり、実務上の分析目的にあわせた利益率も活用されている。[東海幹夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

利益率の関連情報