制吒迦・勢多迦(読み)せいたか

精選版 日本国語大辞典「制吒迦・勢多迦」の解説

せいたか【制吒迦・勢多迦】

(Ceṭaka の音訳。息災・福徳聚勝と訳す) 仏語。八大童子の第八。矜羯羅(こんがら)童子とともに不動明王の脇士で、右に侍立する。童形で緋衣をまとい、左に三鈷(さんこ)を握り右に金剛棒をとり、怒りの相をあらわす。制吒迦童子。
平家(13C前)五「われは是大聖不動明王の御使に、こんがら・せいたかという二童子なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android