コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

制度理論 せいどりろん théorie de l’institution

2件 の用語解説(制度理論の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せいどりろん【制度理論 théorie de l’institution】

フランスの公法学者M.オーリウの唱えた理論。当時のフランス個人主義的法理論およびドイツ法実証主義的法人格理論を克服するものとして提唱された。それはさまざまな側面を有する理論で統一的な把握は容易でないが,次の三つの研究を含むとされる。第1に,〈客観的な社会的なるもの〉として考えられた制度に関する研究,第2に,その制度が生成存続していく法的メカニズムとしての表象(代表)的過程,第3に団体的制度もしくは法人格の研究である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

制度理論
せいどりろん

オーリゥー」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

制度理論の関連キーワードシェノンデュギーベルツェリウスオーベルジュフランスソワールマンデスフランスフランステレビジオンぶらんこの絶好のチャンスオーリウエスマン

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

制度理論の関連情報