前震(読み)ぜんしん(英語表記)foreshock

翻訳|foreshock

知恵蔵「前震」の解説

前震

本震の前に、本震の震源近くに発生する小さな地震。前震以外の地震と目立った違いがなく、本震の前に前震と認識することは困難。大地震でも、前震は観測されないことが多い。前震は、本震の時間から数日前に起こることが多いが、数分前、数カ月前のこともある。

(阿部勝征 東京大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

精選版 日本国語大辞典「前震」の解説

ぜん‐しん【前震】

〘名〙 大地震の前に、その震源付近でおこる小地震。地殻の構造によって、観測されたりされなかったりする。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「前震」の解説

ぜんしん【前震 foreshock】

大きい地震に先行して,その震央近くで小さい地震が頻発する場合がしばしばある。このような大きい地震の前の小さい地震を前震という。前震は大きい地震の先ぶれであるので,大きい地震を予知するための重要な手がかりの一つとなっている。通常,前震とは本震の直前に,そのごく近傍で発生するものを呼んでいるが,時間・空間的にもっと広い範囲で本震に先行して増加する場合があり,これを広義の前震といい,前者を狭義の前震ということがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android