コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前頭骨 ぜんとうこつfrontal bone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前頭骨
ぜんとうこつ
frontal bone

頭蓋を形成する骨の一つで,眼窩上部から前部に大きく広がる扁平な骨をいう。前頭鱗,眼窩部,鼻部の3部に分けられ,前頭鱗は骨格をつくり,鼻部および眼窩部は,その中央にはまりこむ篩骨とともに鼻腔や眼窩の天井となる。眉間の内部には副鼻腔の一つである前頭洞があり,導管によって鼻腔に通じている。前頭骨は左右別々に発生し,生後,正中線で癒合するものであるが,この癒合が不完全であれば,成人でも正中部に前頭縫合のみられることがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぜんとう‐こつ【前頭骨】

頭蓋(とうがい)の前壁および眼窩(がんか)の上縁をつくる貝殻状の骨。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜんとうこつ【前頭骨】

頭蓋骨の前頭部を構成する骨。眼窩がんかの上部を形成し、頭頂骨と接する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の前頭骨の言及

【頭骨】より

…すなわち,眼窩(がんか)側頭部には4種6個の骨(哺乳類では合一して蝶形骨と篩骨(しこつ)の一部になる),耳の迷路部には5種,両側で10個の骨(哺乳類では岩骨になり,ヒトではこれが皮骨の鱗状骨と合して側頭骨になる),篩骨部には2種3個の骨(哺乳類では篩骨の大半になる),後頭部では脊髄の出口(大後頭孔)を取り囲む3種4個の骨(哺乳類では後頭骨になる)のほか,耳小骨が1種2個(哺乳類では3種6個),以上合計15種25個(哺乳類では7種11個)の軟骨性骨が分化する。軟骨魚類では脳は軟骨頭蓋で完全に覆われているのに対し,硬骨魚類以上では脳の天井,つまり頭頂部は前頭骨,頭頂骨,後頭頂骨など(哺乳類では3種5~6個)の皮骨に覆われる。皮骨性の骨格要素は古生代に生存した甲皮類(絶滅した無顎類)以来,二次的にそれを失ったとみられる円口類と軟骨魚類を除くすべての脊椎動物が豊富に備えており,頭蓋骨の大半は皮骨性である。…

※「前頭骨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

前頭骨の関連キーワードチャダントロプス・アクソリス頭蓋骨(とうがいこつ)フォンテシュバード人ヒイラギ(海水魚)モルガーニ症候群アムッド洞穴人くちばし(嘴)ナルバダゾウキノボリウオ眼窩上隆起ピッシングカブウェ人ガリレー人鼻の外傷神経頭蓋アラゴ人脳頭蓋大茘人ソロ人二次骨

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android