副木(読み)ふくぼく(英語表記)splint

翻訳|splint

精選版 日本国語大辞典「副木」の解説

ふく‐ぼく【副木】

〘名〙 骨折した手足などを固定するためにあてがうもの。木製、厚紙、金属製などがある。子。そえぎ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「副木」の解説

ふくぼく【副木 wooden splint】

主として骨折,捻挫の治療として固定用に用いられる副子splintの一種。〈そえ木〉〈あて木〉として,古来,木製のが用いられたため,この名がある。現在は,木製材料だと四肢の形状に適合する可塑性がないため,応急的な処置にのみ用いられることが多い。 副子は主として四肢や関節の固定のために用いられる装具の一種である。骨折に際して使用された副子の歴史は古く,エジプトの遺跡で,前2750‐前2625年ころの副子が発掘されているという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android