コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

副木 ふくぼくsplint

翻訳|splint

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

副木
ふくぼく
splint

そえぎ,副子ともいう。四肢外傷骨折または炎症などの際,患部に当てて包帯をし,局所の安静,固定を助ける装具。木,厚紙金属ギプスなどでつくる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふく‐ぼく【副木】

骨折した手足などを固定するためにあてがって支えるもの。添え木。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

副木【ふくぼく】

副子

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふくぼく【副木 wooden splint】

主として骨折,捻挫の治療として固定用に用いられる子splintの一種。〈そえ木〉〈あて木〉として,古来,木製の板が用いられたため,この名がある。現在は,木製材料だと四肢の形状に適合する可塑性がないため,応急的な処置にのみ用いられることが多い。 副子は主として四肢や関節の固定のために用いられる装具の一種である。骨折に際して使用された副子の歴史は古く,エジプトの遺跡で,前2750‐前2625年ころの副子が発掘されているという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふくぼく【副木】

添え木。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

副木
ふくぼく

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

副木の関連キーワード福・伏・副・幅・復・服・福・腹・袱・複・覆・輻エドワード・ハートレイ アングル添え木・添木・副え木宛てがう・充てがう骨折の症状三内多喜治民間療法救急車接骨師肘内障救急箱看護法三角巾添木尖足

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android