コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

劇症型A群溶連菌感染症 げきしょうがたえーぐんようれんきんかんせんしょう

家庭医学館の解説

げきしょうがたえーぐんようれんきんかんせんしょう【劇症型A群溶連菌感染症】

 この病気は、健康な人がA群溶血性(ようけつせい)レンサ球菌きゅうきん)(A群溶連菌)におかされて突然発病し、短時間のうちに人体の軟部組織に壊死性筋膜炎(えしせいきんまくえん)や蜂巣織炎(ほうそうしきえん)をおこし、多臓器不全が生じてショック症状をおこし、死亡することが多い、きわめて重い、新しい病気です。
 日本では、1992年に千葉県の旭中央病院で報告されて以来、98年3月までに、全国で166例発見されています。
 欧米では、1980年代の後半から報告があり、人喰(ひとく)いバクテリアと報道されて騒がれました。
 しかし、A群溶連菌の感染経路や発病のメカニズムなど未解明のままですので、公表された症例のなかから代表的なものを要約して紹介します。患者さんの多くは30歳以上で、男女差はありません。
 病気の進行がもっとも早かった一例は、45歳の男性で、下肢(かし)(脚(あし))の痛みはあったが、自分で自動車を運転して病院へきて、待合室で待っているうちに下肢の腫(は)れが増悪(ぞうあく)して気分が悪くなり、ただちに入院したが、急性心停止で死亡しました。
 また、37歳の男性は、急性腎不全(きゅうせいじんふぜん)で受診して透析(とうせき)を受け、その夜に右大腿部(みぎだいたいぶ)が著しく腫れたので切開したが、翌朝、手術部位に壊死が認められ、再手術。同日午後、皮膚の壊死はさらに拡大し、周囲に水疱ができて破れ、壊死病巣は下肢から腹部に広がり、7日目に死亡しました。
 分娩(ぶんべん)に合併した例では、分娩の直前までは正常、分娩中に胎児(たいじ)の心音(しんおん)が停止、分娩後1時間に産婦にショック症状がおこり、播種性血管内凝固症候群(はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん)がおこりました。
 治療には、抗菌薬のペニシリン系の薬が第1選択で、大量投与が必要とされ、アンピシリンゲンタマイシンなどが併用されます。

出典|小学館家庭医学館について | 情報