コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜂巣織炎 ホウソウシキエン

4件 の用語解説(蜂巣織炎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほうそうしき‐えん〔ホウサウシキ‐〕【蜂巣織炎】

皮膚の傷から連鎖球菌ぶどう球菌などが皮下の疎性の結合組織に感染し化膿(かのう)する急性の炎症。病変が広がりやすく、赤くはれ上がって痛む。フレグモーネ蜂窩織炎(ほうかしきえん)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

蜂巣織炎【ほうそうしきえん】

蜂窩(ほうか)織炎,蜂巣炎ともいう。主としてブドウ球菌連鎖球菌が原因菌。皮下組織の瀰漫(びまん)性炎症で,皮膚は腫脹(しゅちょう)し,発赤・疼痛(とうつう)を伴い,化膿すると数ヵ所から膿が出てあたかもハチの巣のようになる。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ほうそうしきえん【蜂巣織炎】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蜂巣織炎
ほうそうしきえん
phlegmon英語
Phlegmoneドイツ語

蜂窩(ほうか)織炎ともよばれ、また原語のフレグモーネが用いられることもある。炎症の滲出(しんしゅつ)物のなかに白血球の好中球が多量に含まれている場合を化膿(かのう)性炎とよぶが、化膿性炎の病巣が臓器、組織内に限局しているものを膿瘍(のうよう)というのに対して、臓器、組織内にびまん性に広がっているものを蜂巣織炎と称する。したがって、蜂巣織炎の場合は、皮下組織などの、まばらに存在する結合織の線維間に好中球を含む帯黄灰白色のどろどろとした液状滲出物、すなわち膿が認められる。これを除去すれば蜂の巣状の不規則な空隙(くうげき)がみられることになるので、この名称がある。ブドウ球菌、連鎖球菌によっておこる皮膚の化膿性炎を膿皮症と総称するが、悪寒戦慄(おかんせんりつ)、高熱を伴って顔面などにおこる丹毒(たんどく)、毛嚢(もうのう)周囲の(せつ)(フルンケル)、および、が密に発生した癰(よう)(カルブンケル)、指先におこるひょうそなどは、蜂巣織炎型の化膿性炎症となることが多い。[渡辺 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の蜂巣織炎の言及

【蜂巣炎】より

…蜂巣織炎,蜂窠(ほうか)織炎,フレグモーネともいう。組織の密度が粗な部分(皮下組織,筋肉と筋肉の間,頸部など)に起こる急性の化膿性炎症で,主としてブドウ球菌や連鎖球菌が原因菌となる。…

※「蜂巣織炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

蜂巣織炎の関連キーワード蜂窩織炎蜂巣蜂窩フレグモーネ蜂巣炎眼窩蜂巣織炎頬部腫脹(頬の腫れ)蜂巣炎(蜂窩織炎)骨盤結合織炎蜂窠織炎

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone