コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加子母(読み)かしも

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加子母
かしも

岐阜県南東部,中津川市北部の旧村域。飛騨川の支流白川の上流部にある。 1889年村制。 2005年中津川市に編入。山林が広く,東部山地一帯はヒノキサワラ国有林民有林が分布し,木曾林業地の一部を形成する。主産業は製材業。一部が裏木曾県立自然公園に属し,美林と渓谷美で有名。小郷 (おごう) の地蔵堂境内にある周囲 11m,高さ 30m,樹齢 1000年の加子母のスギは 1924年国の天然記念物に指定。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加子母
かしも

岐阜県南東部、恵那(えな)郡にあった旧村名(加子母村(むら))。現在は中津川市の北部を占める地域。旧加子母村は2005年(平成17)坂下(さかした)、付知(つけち)、福岡の3町、川上(かわうえ)、蛭川(ひるかわ)の2村および長野県山口村とともに中津川市に編入。旧村域の諸集落は、飛騨(ひだ)川の支流白川の最上流にあたる加子母川に沿い、直線状に連なる。国道257号が走る。住民はほとんど農林業を生業とし、専業農家は高冷地トマトの栽培や畜産に従事する。東部長野県境山地は裏木曽(うらきそ)国有林であるが、民有林でもヒノキの育林が進んでいる。素材は加工して出荷され、名古屋市場などで「東濃ヒノキ」として好評である。明治の芝居小屋(農村舞台)が残っている。観光地に乙女(おとめ)渓谷や、渡合(どあい)温泉がある。「加子母の大杉」は樹高30メートルで、国の天然記念物。[上島正徳]
『『加子母村誌』(1972・加子母村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加子母の関連情報