加子母(読み)かしも

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加子母
かしも

岐阜県南東部,中津川市北部の旧村域。飛騨川の支流白川の上流部にある。 1889年村制。 2005年中津川市に編入。山林が広く,東部山地一帯はヒノキサワラ国有林民有林が分布し,木曾林業地の一部を形成する。主産業は製材業。一部が裏木曾県立自然公園に属し,美林と渓谷美で有名。小郷 (おごう) の地蔵堂境内にある周囲 11m,高さ 30m,樹齢 1000年の加子母のスギは 1924年国の天然記念物に指定。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加子母
かしも

岐阜県南東部、恵那郡(えなぐん)にあった旧村名(加子母村(むら))。現在は中津川市の北部を占める地域。旧加子母村は2005年(平成17)坂下(さかした)、付知(つけち)、福岡の3町、川上(かわうえ)、蛭川(ひるかわ)の2村および長野県山口村とともに中津川市に編入。旧村域の諸集落は、飛騨(ひだ)川の支流白川の最上流にあたる加子母川に沿い、直線状に連なる。国道257号が走る。住民はほとんど農林業を生業とし、専業農家は高冷地トマトの栽培や畜産に従事する。東部長野県境山地は裏木曽(うらきそ)国有林であるが、民有林でもヒノキの育林が進んでいる。素材は加工して出荷され、名古屋市場などで「東濃ヒノキ」として好評である。明治の芝居小屋(農村舞台)が残っている。観光地に乙女(おとめ)渓谷や、渡合(どあい)温泉がある。「加子母の大杉」は樹高30メートルで、国の天然記念物。[上島正徳]
『『加子母村誌』(1972・加子母村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加子母の関連情報