コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付知 つけち

2件 の用語解説(付知の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

付知
つけち

岐阜県南東部,中津川市北部の旧町域。飛騨山脈の南部,木曾川支流の付知川上流にある。 1897年町制。 2005年中津川市に編入。江戸時代には御嶽山 (3063m) 参りの表登山道の宿場町として繁栄した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

付知
つけち

岐阜県南東部、恵那(えな)郡にあった旧町名(付知町(ちょう))。現在は中津川市北部を占める地域。旧付知町は、1897年(明治30)町制施行。2005年(平成17)坂下(さかした)、福岡の2町、川上(かわうえ)、加子母(かしも)、蛭川(ひるかわ)の3村、および長野県山口村とともに中津川市に編入。旧町域は、木曽(きそ)川の支流付知川の上流にあって、おもな町並みと集落は、その河岸段丘上に発達。国道256号が通じる。付知川の上流山地は、裏木曽国有林の一部で、昔から優れた木曽ヒノキが多く、みごとな伊勢(いせ)神宮備林もみられ、付知峡の景勝地もあって、県立自然公園になっている。おもな産業は、国有林の諸事業や木材、木製品工業などである。また農業は稲作のほか、トマト、ナスなどの野菜栽培や肉用牛の生産が行われている。垂洞(たれぼら)のシダレモミは国の天然記念物である。[上島正徳]
『『付知町史』(1974・付知町) ▽『付知町史 続』(2005・付知町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

付知の関連キーワード東濃岐阜県中津川市上野岐阜県中津川市落合岐阜県中津川市北野町岐阜県中津川市坂下岐阜県中津川市瀬戸岐阜県中津川市苗木岐阜県中津川市中津川岐阜県中津川市本町岐阜県中津川市山口

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

付知の関連情報