コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛭川 ひるかわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蛭川
ひるかわ

岐阜県南東部,中津川市西部の旧村域。美濃三河高原上にある。 1889年村制。 2005年中津川市に編入。マツの多い広大な林があり,林業,野菜栽培が行なわれる。国の天然記念物ヒトツバタゴ自生地があることで知られる。南端木曾川沿岸は景色がよい。南部は恵那峡県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蛭川
ひるかわ

岐阜県南東部、恵那(えな)郡にあった旧村名(蛭川村(むら))。現在は中津川市西部を占める地域。旧蛭川村は2005年(平成17)坂下、付知(つけち)、福岡の3町、川上(かわうえ)、加子母(かしも)の2村、および長野県山口村とともに中津川市に編入。旧村域は恵那市の北方に位置する。地区内から産出する石材の御影石(みかげいし)(黒雲母花崗岩(くろうんもかこうがん))は良質で「蛭川石」として全国に出荷される。公有林は明治時代から計画的に植林され、私有林も植林が進み、東濃ヒノキの特産地になっている。稲作のほかに、野菜栽培、畜産が行われる。また、マツタケを特産する。恵那市などへの交通の便もよく、地域外への通勤者が多い。南端にある恵那峡は景勝地で県立自然公園となっている。杵振(きねふ)り踊は県指定重要無形民俗文化財。[上島正徳]
『『蛭川村史』(1974・蛭川村) ▽『蛭川村昭和・平成の30年』(2005・蛭川村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

蛭川の関連キーワードペブスナー(Nikolaus Bernhard Leon Pevsner)マードック(Jean Iris Murdoch)阿武隈石(あぶくませき)岐阜県中津川市蛭川蛭川みかげ石製品川上(岐阜県)岐阜県中津川市鉄マンガン重石坂下(岐阜県)福岡(岐阜県)中津川(市)大下 宇陀児井口 丑二坂下[町]福岡[町]大下宇陀児西尾 彦朗群馬事件堀内正美蛭川信博

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蛭川の関連情報