コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加納市 かのうのいち

百科事典マイペディアの解説

加納市【かのうのいち】

戦国時代,美濃国厚見(あつみ)郡加納郷(現岐阜市)の真宗寺院円徳寺の寺内に成立した楽市場。円徳寺(戦国時代は浄泉坊と称した)の寺内(じない)町の成立は15世紀ころと推測され,真宗門徒となった木曾川長良川の川の民,美濃山間部の山の民などが自ら町を建設し,定住したものと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かのうのいち【加納市】

戦国時代,美濃国厚見郡加納郷(現,岐阜)の真宗寺院円徳寺の寺内にあった楽市場。円徳寺(浄泉坊)は当時その門前に寺内町を形成していた。この寺内町がいつ形成されたか不明であるが,この地域への真宗の教線の伸び方から,15世紀ころと推定される。円徳寺寺内町も他の真宗寺院の寺内町と同じく,真宗門徒となった木曾川,長良川の川の民,美濃山間部の山の民などが自分たちの手で町を建設し,そこに定住したものと思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

加納市の関連キーワード岐阜[市]織田信長岐阜城楽座

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加納市の関連情報