コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加賀三湖 かがさんこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加賀三湖
かがさんこ

石川県金沢平野の南部にあった3つの潟湖の総称。今江潟柴山潟木場潟をいう。 1968年今江潟は全面干拓され消滅,柴山潟は3分の2が干拓され,残った柴山潟と木場潟の2湖だけとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

加賀三湖【かがさんこ】

石川県南西部,加賀市小松市の間に散在する今江潟,木場潟,柴山潟の総称。いずれも標高1m以下の潟湖で,後2者の水は今江潟と梯(かけはし)川を経て日本海に注いでいたが,干拓が進み,今江潟は1966年消滅。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の加賀三湖の言及

【金沢平野】より

… 南部は小松江沼平野とも呼ばれ,北部同様低湿地帯で,水田稲作が盛んである。柴山,今江,木場のいわゆる加賀三湖は縄文海進期の入江が取り残されたものであるが,1952年からの国営干拓事業のため柴山潟の水面は1/3に縮小,今江潟は消滅,木場潟だけがもとの姿を保っている。小松市では低湿地を利用してイグサが栽培され,近世以来の伝統をもつ小松表として出荷されるほか,ヤマイモの一種,加賀丸芋を特産する。…

【柴山潟】より

…古くは日本海に通じていたが,海側に砂丘が発達して潟湖となったと考えられる。今江潟,木場潟と合わせ加賀三湖と呼ばれ,そのうち最大の面積(約5.8km2)をもっていた。1952年水田の造成と潟周辺の湛水被害解消のため,加賀三湖の国営干拓事業が着手され,木場潟は遊水池として残されたが,今江潟は全面干拓された。…

※「加賀三湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

加賀三湖の関連キーワード加賀[市]

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android