コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加賀染 カガゾメ

デジタル大辞泉の解説

かが‐ぞめ【加賀染】

加賀絹を染める方法。また、その染め物。梅染めを何度も繰り返した黒梅染や、加賀友禅など。加賀兼法(かがけんぽう)。
染め色の名。黄みを帯びた赤色。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かがぞめ【加賀染】

加賀国独特の染め方。また、その染め物。加賀梅染や加賀友禅など。
染め色の名。赤に黄色を帯びた色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の加賀染の言及

【友禅】より

…江戸時代後期には,華やかな服飾を禁ずる社会の趨勢とともに,友禅染もきわめて小文様で,抑えられた色調を特色として,近代を迎える。一方,加賀前田藩でも,御国染(おくにぞめ),加賀染と称する染物が,京の友禅と同時期に盛んに作られていた。これにも京友禅の技法がとり入れられて類似性が強まると,やがて京都などでは,これを友禅に包含して〈加賀友禅〉と称するようになったようである。…

※「加賀染」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

加賀染の関連キーワード木村 雨山加賀友禅加賀梅染加賀絹打付け加賀国加賀岸駒

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android