コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

助翁永扶 じょおう えいふ

1件 の用語解説(助翁永扶の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

助翁永扶 じょおう-えいふ

?-1548 戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。豊前(ぶぜん)(福岡県)の人。はじめ下野(しもつけ)(栃木県)大中寺の無学宗龐(むがく-そうふん)に,ついで長門(ながと)(山口県)大寧寺の奇伯瑞龐(きはく-ずいほう)に師事し,瑞龐の法をつぐ。荒廃した豊前興国寺を復興した。天文(てんぶん)17年10月26日死去。俗姓は崎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

助翁永扶の関連キーワードフランス演劇岩手の葉タバコ生産溝口秀勝榊原康政ブルーノ本多忠勝焼石岳上杉謙信サカテカス塩尻峠

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone