コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小笠原長時 おがさわらながとき

6件 の用語解説(小笠原長時の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小笠原長時
おがさわらながとき

[生]永正11(1514).松本
[没]天正11(1583).2.25. 会津若松
戦国時代の武将。信濃守護長棟の子。府中 (松本) 林城を居城として,安曇,筑摩,伊那3郡に勢力をふるった。しかし,武田信玄が信濃に進出し,天文 19 (1550) 年諸城を攻めるに及んで林城を捨て,村上義清と同盟して平瀬城に拠った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おがさわら‐ながとき〔をがさはら‐〕【小笠原長時】

[1514~1583]戦国時代の武将。信濃の守護。天文17年(1548)塩尻峠の戦いで武田信玄に大敗し、のち流浪して没落。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小笠原長時 おがさわら-ながとき

1514-1583 戦国-織豊時代の武将。
永正(えいしょう)11年11月23日生まれ。小笠原長棟(ながむね)の長男。信濃(しなの)(長野県)安曇・筑摩両郡を領する。天文19年武田信玄軍に攻められ,城をうしなう。のち越後の上杉謙信をたよる。謙信の死後は陸奥(むつ)会津(あいづ)(福島県)の蘆名盛氏(もりうじ)の庇護をうけたが,天正(てんしょう)11年2月25日同地で家臣に殺害されたという。70歳。通称は又三郎。著作に「小笠原家礼書」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小笠原長時

没年:天正11.2.25(1583.4.17)
生年:永正11.10.23(1514.11.9)
戦国時代の武将。長棟の子。右馬助,大膳大夫,信濃守。信濃(長野県)中央部の安曇・筑摩両郡を領したが,武田信玄の侵略を受け,天文17(1548)年7月19日の塩尻峠合戦での敗北以来,敗色濃く,同19年7月15日には本拠林城を失う。その後上京して同族の三好長慶を頼り,摂津芥川城に居留,のち越後の上杉謙信を頼った。謙信の死後は会津に移り,同地で家臣の手にかかり殺された。信濃守護の家に生まれた長時は,戦国大名に脱皮できないまま信玄に敗れた。信玄と戦ったことで実態以上に高く評価されることも多い。<参考文献>「笠系大成」(『信濃史料叢書』12巻)

(笹本正治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おがさわらながとき【小笠原長時】

1514‐83(永正11‐天正11)
戦国時代の武将。大膳大夫,信濃守,長棟の子。林城に拠り,信濃国安曇,筑摩の2郡を領する。1548年(天文17)武田晴信と塩尻峠に戦い敗れ,翌々年林城を失う。後に上京して三好長慶を頼り摂津芥川城にいたが,68年(永禄11)織田信長に攻略され,上杉謙信のもとに走る。謙信死後,会津に赴き蘆名盛氏の庇護をうける。83年会津若松で家臣に殺される。【笹本 正治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小笠原長時
おがさわらながとき
(1514/1518―1583)

戦国時代の武将。信濃(しなの)守護職を継承した小笠原氏の嫡流深志(ふかし)家の嫡男として永正(えいしょう)11年11月23日府中林城(ふちゅうはやしじょう)で生まれる。幼名は豊松丸。1608年(慶長13)溝口貞康が主君小笠原秀政のために編纂(へんさん)録上した『溝口家記』などによると、1518年(永正15)の生誕となる。筑摩(ちくま)、安曇(あずみ)両郡と上伊那(かみいな)地方を領国とし、天文(てんぶん)年間(1532~55)武田信玄(しんげん)の攻略と戦った。1550年(天文19)府中を失い村上義清(よしきよ)と結び安曇を維持したが、52年信濃を追われ牢人(ろうにん)となった。越後(えちご)を経て上京した長時・貞慶(さだよし)父子は、広橋国光、山科言継(やましなときつぐ)ら公家(くげ)層との交誼(こうぎ)関係も深く、永禄(えいろく)年間(1558~70)三好長慶(ながよし)を頼り摂津国芥川(あくたがわ)城に滞留。この間将軍足利義輝(あしかがよしてる)、上杉謙信(けんしん)を介して帰国を策したが失敗。織田信長の三好攻略で基盤を失い、長時は流浪し、子貞慶は家康に仕え、1582年(天正10)7月深志城を回復した。この間の長時の行動は不明で、翌天正(てんしょう)11年2月25日家臣に殺された。[井原今朝男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小笠原長時の言及

【小笠原氏】より

…甲斐出身の中・近世の武家。甲斐源氏加賀美遠光の次男長清が,甲斐巨摩郡小笠原(山梨県北巨摩郡明野村と中巨摩郡櫛形町との2説がある)に住んだのに始まる。長清は父とともに源頼朝に従って平家追討に戦功をあげ,遠光は信濃守,長清は信濃国伴野荘地頭に任ぜられた。後に長清は軍功によって阿波の守護職を与えられ,守護職は子の長経を経てその子長房の子孫に伝えられた。長経・長忠の嫡流は武田氏とともに由緒ある御家人として幕府に仕え,とくに騎芸乗馬礼法の家として尊重された。…

※「小笠原長時」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小笠原長時の関連キーワード蜂屋大膳大夫右馬助大膳大夫小笠原貞次小笠原長棟陶隆康澄井右馬亮東常氏那須資晴正木通綱

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小笠原長時の関連情報