コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

4件 の用語解説(努の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ど【努】[漢字項目]

[音](漢) [訓]つとめる ゆめ
学習漢字]4年
つとめる。「努力
[名のり]つとむ
[難読]努努(ゆめゆめ)

ゆめ

[副]3が原義》
(あとに禁止を表す語を伴って)決して。必ず。「ゆめ油断するな」
(あとに打消しの語を伴って)少しも。夢にも。「ここで会えるとはゆめ思わなかった」
つとめて。気をつけて。
「向つ峰(を)に立てる桃の木成らめやと人そささやく汝が心―」〈・一三五六〉
[補説]潔斎する意の動詞「斎(ゆ)む」の命令形からとされていたが、その「め」は上代特殊仮名遣では甲類の音である。しかし、乙類の仮名が用いられていて、疑問が残る。別に、物事を忌み謹んだ目で見よの意の「忌眼」であるとする説もある。平安時代以降、「夢」と混同して2の意があらわれた。「努」「努力」「勤」などと当てて書くこともある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ど【努】

永字八法えいじはつぽうの第三筆の縦画。 → 永字八法

ゆめ【努】

( 副 )
(下に禁止の語句を伴って)禁止を強調する気持ちを表す。けっして。かならず。 「 -疑うな」 「 -忘れるな」
の「ゆめ」を「夢」と混同しての用法か〕 (下に打ち消しの語を伴って)夢にも(…しない)。すこしも(…しない)。 「そうなるとは-考えたことはない」 「そんなこととは-知らず」
みつつしんで。気をつけて。 「わが背子を安眠やすいな寝しめ-情こころあれ/万葉集 4179」 〔が原義。語源について、従来、潔斎する意の動詞「ゆむ(斎)」の命令形「ゆめ」とされてきたが、上代特殊仮名遣いの上からみると甲乙が相違するところからこの説は採りがたい。中古以降は「夢」と混同されたとみられる〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

努の関連情報