コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

決して ケシテ

デジタル大辞泉の解説

けし‐て【決して】

[副]けっして1」に同じ。

けっし‐て【決して】

[副]
(あとに打消し・禁止の語を伴って)どんなことがあっても。絶対に。断じて。けして。「御恩は決して忘れません」「そんなことはもう決してするな」「彼は決して大きいほうではない」
必ず。きっと。
「―聟(むこ)やむすめに追ひ廻されて口惜しい日を送るであらう」〈鳩翁道話・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けして【決して】

( 副 )
けっして(決)」に同じ。

けっして【決して】

( 副 )
(下に打ち消しの語を伴って)
打ち消しを強調する気持ちを表す。どんなことがあっても。けして。 「ここなら-見つからないだろう」 「 -人に話してはいけない」 「 -ご迷惑はおかけしません」
一部分はそうであっても、全部がそうではないという気持ちを表す。部分否定の意を表す。必ずしも。 「この程度で-満足しているわけではない」
推量や判断が間違いないと思われるさま。必ず。きっと。 「 -聟や娘に追ひ回されて、口惜しい日を送るであらう/鳩翁道話」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

決しての関連キーワード君子は交わり絶ゆとも悪声を出さず一寸の虫にも五分の魂アインシュタイン敵に後ろを見せる逃げ隠れ・逃隠れネバーギブアップ噯にも出さない口が裂けてもハイブリッド親付・親附少なくない金剛不壊言葉の綾神掛けて誓文腐れ露聊かも排反事象不撓不屈陳述副詞茶屋遊び

決しての関連情報