勝得る(読み)カチエル

デジタル大辞泉 「勝得る」の意味・読み・例文・類語

かち・える【勝(ち)得る/×贏ち得る】

[動ア下一][文]かち・う[ア下二]勝って自分のものにする。また、努力してある成果を得る。「成功を―・える」
[類語]勝ち取る射落とす射止める有り付くせしめる物にする

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「勝得る」の意味・読み・例文・類語

かち‐・える【勝得・贏得・克得】

  1. 〘 他動詞 ア行下一段活用 〙
    [ 文語形 ]かち・う 〘 他動詞 ア行下二段活用 〙
  2. 争いに勝って、自分のものとする。また、努力した結果、自分のものとして手に入れる。
    1. [初出の実例]「贏(カチ)得渭南三四屋 去年花対去年人〈略〉去年の人は去年の花に対してあるぞ。ここが贏得たこと也」(出典:中華若木詩抄(1520頃)中)
    2. 「それが独立を克(カ)ち得たのは」(出典:古典現代文学(1955)〈山本健吉抒情詩運命)
  3. 勝つことができる。勝てる。
    1. [初出の実例]「院はかちえさせたまへりけるをいみじとおぼしたるさまも」(出典:大鏡(12C前)四)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android