コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化学ロケット かがくロケット chemical-propellant rocket

2件 の用語解説(化学ロケットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

化学ロケット
かがくロケット
chemical-propellant rocket

燃料と酸化剤を化学反応させることによって,高温・高圧の燃焼ガスを発生,噴出させ,その反動力で推進するロケット。自前で酸素をつくるので,空気のない宇宙空間でも飛ぶことができる。その点で,ジェット機の方式と違っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かがく‐ロケット〔クワガク‐〕【化学ロケット】

燃料の燃焼(化学反応)を推力として利用するロケットの総称。固体ロケット液体ロケットがあり、いずれも燃料と酸化剤を燃焼室で燃焼し、高温・高圧のガスを発生させ、ノズルから超音速で噴き出すことで推力を得る。化学燃料ロケット

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の化学ロケットの言及

【ロケット】より

… ロケットは基本特性の違いから,大きく比推力型と比出力型とに分類される。比推力型ロケットの代表例は,化学燃料を用いるふつうのロケットで,化学ロケットの名で呼ばれているものである。この種のロケットは,推進材単位質量当りに割り当てられるエネルギー量に限界があるという特質を有し,これが噴射速度あるいは比推力(推力を単位時間に消費される推進材の重量で割ったもの)に上限をもたらすという事情で性能が支配される。…

※「化学ロケット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

化学ロケットの関連キーワード液体ロケット化学発光吸熱反応固体ロケット燃料化学反応式排気ガス燃料噴射弁生理的燃焼熱綿実

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

化学ロケットの関連情報