コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化学ロケット かがくロケットchemical-propellant rocket

2件 の用語解説(化学ロケットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

化学ロケット
かがくロケット
chemical-propellant rocket

燃料と酸化剤を化学反応させることによって,高温・高圧の燃焼ガスを発生,噴出させ,その反動力で推進するロケット。自前で酸素をつくるので,空気のない宇宙空間でも飛ぶことができる。その点で,ジェット機の方式と違っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かがく‐ロケット〔クワガク‐〕【化学ロケット】

燃料の燃焼(化学反応)を推力として利用するロケットの総称。固体ロケット液体ロケットがあり、いずれも燃料と酸化剤を燃焼室で燃焼し、高温・高圧のガスを発生させ、ノズルから超音速で噴き出すことで推力を得る。化学燃料ロケット

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の化学ロケットの言及

【ロケット】より

… ロケットは基本特性の違いから,大きく比推力型と比出力型とに分類される。比推力型ロケットの代表例は,化学燃料を用いるふつうのロケットで,化学ロケットの名で呼ばれているものである。この種のロケットは,推進材単位質量当りに割り当てられるエネルギー量に限界があるという特質を有し,これが噴射速度あるいは比推力(推力を単位時間に消費される推進材の重量で割ったもの)に上限をもたらすという事情で性能が支配される。…

※「化学ロケット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

化学ロケットの関連情報