コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化学ロケット かがくロケットchemical-propellant rocket

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

化学ロケット
かがくロケット
chemical-propellant rocket

燃料と酸化剤を化学反応させることによって,高温高圧燃焼ガスを発生,噴出させ,その反動力で推進するロケット自前酸素をつくるので,空気のない宇宙空間でも飛ぶことができる。その点で,ジェット機の方式と違っている。使用する燃料によって,液体燃料ロケット固体燃料ロケット区別がある。これに対して,原子力ロケット電気ロケットなどは非化学ロケットという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かがく‐ロケット〔クワガク‐〕【化学ロケット】

燃料の燃焼(化学反応)を推力として利用するロケットの総称。固体ロケット液体ロケットがあり、いずれも燃料と酸化剤を燃焼室で燃焼し、高温・高圧のガスを発生させ、ノズルから超音速で噴き出すことで推力を得る。化学燃料ロケット

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の化学ロケットの言及

【ロケット】より

… ロケットは基本特性の違いから,大きく比推力型と比出力型とに分類される。比推力型ロケットの代表例は,化学燃料を用いるふつうのロケットで,化学ロケットの名で呼ばれているものである。この種のロケットは,推進材単位質量当りに割り当てられるエネルギー量に限界があるという特質を有し,これが噴射速度あるいは比推力(推力を単位時間に消費される推進材の重量で割ったもの)に上限をもたらすという事情で性能が支配される。…

※「化学ロケット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

化学ロケットの関連キーワードロケットエンジンプラズマエンジン航空機の推進装置宇宙エレベーターロケット推進剤イオンロケットロケット推進薬固体推進剤ブースター液体推進剤スラスター電気推進推進剤比推力

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android