コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北原多作 きたはら たさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北原多作 きたはら-たさく

1870-1922 明治-大正時代の海洋学者。
明治3年生まれ。34年農商務省技師となり,41年水産講習所(現東京水産大)技師を兼任。42年からわが国初の基礎海洋調査,漁業基本調査を実施。潮目魚群の関係についての「北原の法則」を発見し,北原式採水器などの観測機器を考案した。大正11年死去。53歳。岐阜県出身。帝国大学卒。著作に「漁村夜話」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きたはらたさく【北原多作】

1870‐1922(明治3‐大正11)
海洋学者。岐阜県に生まれる。1894年東京帝国大学理科大学動物学科選科を卒業,翌年農商務省水産調査所に入所。水産業の発展のためには海洋の科学的基礎調査が不可欠であるとの考えを抱く。この考えがなかなか理解されず,農商務省をやめ佐渡の中学で英語を教えていたが,のち呼び戻され,農商務技師となる。漁業基本調査の名で行われた水産海洋調査を推進した中心人物の一人である。北原式採水器などの観測機器を発明した。漁業者に海洋学の知識を普及する目的で書かれたその著《漁村夜話》(1921)は,海洋学の名著の一つである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北原多作
きたはらたさく
(1870―1922)

海洋学者、水産学者。農商務省技師兼水産講習所技師。東京帝国大学動物学科選科を卒業して農商務省に入り、一時辞職したが復職し、水産講習所技師を兼ねて水産海洋調査に従事した。海藻学者の岡村金太郎と協力して1909年(明治42)有名な「漁業基本調査」を発足させた。これは、水産関係の官庁諸機関が協力し、組織的かつ大規模な水産海洋調査を行うもので画期的な事業であった。潮目(しおめ)、潮境(しおざかい)と魚種漁況との関係についての「北原の法則」の発見など研究面での成果も多い。また北原式中層採水器、北原式採泥器、北原式定量プランクトン・ネットなど海洋測器の考案も多く、日本の水産行政、水産学研究、海洋測器開発の優れた先駆者。主著の『海洋研究 漁村夜話』(1921)は名著として知られる。[半澤正男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

北原多作の関連キーワード大正時代サンゴ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android