コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡村金太郎 おかむらきんたろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡村金太郎
おかむらきんたろう

[生]慶応3(1867).4.10. 江戸
[没]1935.8.21. 東京
海藻学者。東京大学植物学科卒業 (1889) 。水産講習所技師,同所長。日本の海藻学の創始者ともいうべき存在で,『海藻学汎論』『日本海藻図譜』『日本海藻誌』などの大著がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おかむら‐きんたろう〔をかむらキンタラウ〕【岡村金太郎】

[1867~1935]海藻学者。東京の生まれ。日本近海の海藻を調査研究し、藻類学確立。水産講習所長。著「日本藻類図譜」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡村金太郎 おかむら-きんたろう

1867-1935 明治-昭和時代前期の藻類学者,水産学者。
慶応3年4月2日生まれ。水産講習所(現東京水産大)教授となり,大正13年所長。おおくの海藻を発見,分類するなど,わが国の藻類学の基礎をきずいた。日本水産学会会長。昭和10年8月21日死去。69歳。江戸出身。帝国大学卒。著作に「日本藻類図譜」「藻類系統学」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡村金太郎
おかむらきんたろう
(1867―1935)

海藻学者。東京生まれ。1889年(明治22)帝国大学理科大学植物学科を卒業、大学院に進み海藻学の研究に従事した。ほとんど独力で日本近海の海藻を調査記載し、日本における藻類学の開祖となった。その間、水産伝習所、第四高等中学校教援を経て、水産講習所教授(1906)、同所長(1924)となり、水産植物学を通して水産教育に尽力した。数多くの海藻の発見とともに、海藻に関する名彙(めいい)、検索表、図譜を出版し、体系書『藻類系統学』を著すなど、日本の海藻学の基礎を築いた。またアサクサノリなどの養殖事業に関する寄与も大きい。研究心が旺盛(おうせい)なうえ天性として不屈剛毅(ごうき)な気性の人としても知られる。[佐藤七郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

岡村金太郎の関連キーワードフサイワヅタ近藤真琴北原多作岡村

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android