コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡村金太郎 おかむらきんたろう

4件 の用語解説(岡村金太郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡村金太郎
おかむらきんたろう

[生]慶応3(1867).4.10. 江戸
[没]1935.8.21. 東京
海藻学者。東京大学植物学科卒業 (1889) 。水産講習所技師,同所長。日本の海藻学の創始者ともいうべき存在で,『海藻学汎論』『日本海藻図譜』『日本海藻誌』などの大著がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おかむら‐きんたろう〔をかむらキンタラウ〕【岡村金太郎】

[1867~1935]海藻学者。東京の生まれ。日本近海の海藻を調査研究し、藻類学を確立。水産講習所長。著「日本藻類図譜」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡村金太郎 おかむら-きんたろう

1867-1935 明治-昭和時代前期の藻類学者,水産学者。
慶応3年4月2日生まれ。水産講習所(現東京水産大)教授となり,大正13年所長。おおくの海藻を発見,分類するなど,わが国の藻類学の基礎をきずいた。日本水産学会会長。昭和10年8月21日死去。69歳。江戸出身。帝国大学卒。著作に「日本藻類図譜」「藻類系統学」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡村金太郎
おかむらきんたろう
(1867―1935)

海藻学者。東京生まれ。1889年(明治22)帝国大学理科大学植物学科を卒業、大学院に進み海藻学の研究に従事した。ほとんど独力で日本近海の海藻を調査記載し、日本における藻類学の開祖となった。その間、水産伝習所、第四高等中学校教援を経て、水産講習所教授(1906)、同所長(1924)となり、水産植物学を通して水産教育に尽力した。数多くの海藻の発見とともに、海藻に関する名彙(めいい)、検索表、図譜を出版し、体系書『藻類系統学』を著すなど、日本の海藻学の基礎を築いた。またアサクサノリなどの養殖事業に関する寄与も大きい。研究心が旺盛(おうせい)なうえ天性として不屈剛毅(ごうき)な気性の人としても知られる。[佐藤七郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

岡村金太郎の関連キーワード藤堂平助ブラントブリジェンス松林廉之助箕浦元章流状組織明治天皇江戸時代キンバリー大政奉還

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone