コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北学 ほくがくBei-xue

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北学
ほくがく
Bei-xue

中国,南北朝時代の北朝の経学をいう。この時代には南北で学風を異にし,南朝では王弼 (おうひつ) の注や孔安国の伝などを基にして義理を説いたが,北朝では鄭玄の注を基にして,訓詁を明らかにする質朴な学風であった。ただし,唐が南北を統一して『五経正義』を定めるにあたっては,南学が主となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

北学の関連キーワードシュネーダー デービッド・ボウマンデイヴィド・ボウマン シュネーダー仙台トラストタワー仙台六大学野球東北学院大学尾形 亀之助シュネーダー高橋 正雄三井 保子押川 方義伊沢 長俊川合 信水大島 正隆秋山左衛門木村 清松長沢英一郎野田 剛志永井 健三高柳真三斎藤秀夫

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北学の関連情報