コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北島多一 きたじま たいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北島多一 きたじま-たいち

1870-1956 明治-昭和時代の細菌学者。
明治3年6月21日生まれ。27年伝染病研究所助手。30-34年ドイツに留学。大正3年北里研究所の創設にあたり,副所長。北里柴三郎の後をうけ,昭和3年慶大医学部長,6年北里研究所長・日本医師会長。28年文化功労者。昭和31年10月11日死去。86歳。加賀(石川県)出身。帝国大学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北島多一
きたじまたいち
(1870―1956)

細菌学者。石川県金沢の生まれ。1894年(明治27)帝国大学医科大学医学科を卒業、伝染病研究所助手となり、所長北里柴三郎(きたさとしばさぶろう)と関係を結ぶきっかけとなった。1897~1901年(明治30~34)ドイツに留学、マールブルク大学でベーリングに師事、結核に関する諸研究を行った。帰国後、伝染病研究所技師となり、血清薬院技師を兼任、1905年内務省技師となり、1911年同省衛生局防疫課長となった。1914年(大正3)伝染病研究所の文部省移管に際して北里柴三郎所長が政府当局と意見を異にしてその職を辞任、北島も殉じて研究所を辞した。同年、北里研究所創立に際しては北里に協力して尽力し、さらに1917年、慶応義塾大学に医学部設置が決まると、その中心となった北里を助け、北里没後は研究所、大学ともにその後継者として活躍した。また日本医師会会長、恩賜財団済生会医務主管などの任も北里の依託によくこたえた。中央衛生調査会、学術研究会議、医薬制度調査会の各委員を歴任、1953年(昭和28)文化功労者に選ばれた。[大鳥蘭三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

北島多一の関連キーワード浅川範彦昭和時代

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android