コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北条兼時(2) ほうじょう かねとき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北条兼時(2) ほうじょう-かねとき

1264-1295 鎌倉時代の武将。
文永元年生まれ。北条宗頼の長男。弘安(こうあん)3年長門(ながと)守護。7年六波羅(ろくはら)探題南方,のち同北方となり摂津・播磨(はりま)の守護をかねた。正応(しょうおう)6年蒙古襲来にそなえ北条(名越)時家とともに鎮西(ちんぜい)探題となって九州におもむく。永仁(えいにん)3年鎌倉にかえって評定衆となる。同年9月18日死去。32歳。初名は時業(ときなり)。通称は相模(さがみ)七郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

北条兼時(2)の関連キーワードグロスター(伯)文永バイドゥ(貝杜)利尻町の要覧瑩山紹瑾三条実躬中沢基員北条兼時クレメンス[5世]ハイメ2世(公正王)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android