コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北条登子 ほうじょう とうし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北条登子 ほうじょう-とうし

1306-1365 鎌倉-南北朝時代,足利尊氏の正室。
徳治元年生まれ。北条(赤橋)久時の娘。母は北条宗頼の娘。足利義詮(よしあきら),基氏の母。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年後醍醐(ごだいご)天皇を討つため尊氏が京都に進発する際,北条高時の要求で人質として義詮とともに鎌倉にのこった。尊氏が討幕に転ずると,鎌倉から脱出。延文3=正平(しょうへい)13年尊氏と死別。貞治(じょうじ)4=正平20年5月4日死去。60歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

北条登子の関連キーワード南北朝時代足利尊氏赤橋登子足利基氏