コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北条実時 ホウジョウサネトキ

デジタル大辞泉の解説

ほうじょう‐さねとき〔ホウデウ‐〕【北条実時】

[1224~1276]鎌倉中期の武将。義時の孫。引付衆評定衆を歴任して、執権を補佐。学問を好み、書籍を書写・収集して、晩年に建てた武蔵国金沢称名寺に保管。蔵書は子孫によって一層拡充され、金沢文庫となった。金沢実時。称名寺殿。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

北条実時【ほうじょうさねとき】

金沢(かねさわ)実時

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

北条実時

没年:建治2.10.23(1276.11.30)
生年:元仁1(1224)
鎌倉中期の武将。実泰の嫡子。母は天野政景の娘,妻は政村の娘,淵名氏の娘など。鎌倉の邸宅は源頼朝の法華堂の前。天福2(1234)年に実泰から小侍所別当を継承し,将軍藤原頼経と共に上洛し宣陽院蔵人を拝した。建長4(1252)年に引付衆,同5年に評定衆。文永1(1264)年に新設の越訴奉行。鎌倉の東の外港を擁する六浦荘金沢郷に居館と称名寺を創建,「金沢称名寺殿」と呼ばれた。西大寺の叡尊を鎌倉に呼び帰依し,称名寺に下野国薬師寺から審海を入寺させ律院とした。鎌倉幕府の正史『吾妻鏡』の編纂者のひとりと目される。建治1(1275)年,六浦に隠居し金沢文庫を創設した。収集した書物は,清原教隆・俊隆や藤原茂範に学んだ「律」「令集解」「群書治要」や「源氏物語」などで,公家の学問を鎌倉に移植した点に特徴があった。政治面では時宗・政村・安達泰盛と寄合を構成し,文永3年の将軍宗尊親王更迭の主要人物であった。蒙古襲来後,鎮西に下向した息子・実政に与えた置文は,部下の統率などの要点を記し得宗周辺の人々の意識を知る上で貴重な家訓である。六浦荘の瀬戸の入海の築堤や殺生禁断には,実時の白楽天の業績への理解や戒律の影響が鎌倉の都市計画に反映した姿を推察できる。「廉直人,財人,憲人」と評された。称名寺に墓塔の宝篋印塔とともに実時の画像が伝来している。<参考文献>関靖『金沢文庫の研究』,川添昭二「北条時宗の連署時代」(『金沢文庫研究』263号),安部隆一「北条実時の修学と精神」(『金沢文庫研究』147号)

(福島金治)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうじょうさねとき【北条実時】

1224~1276) 鎌倉中期の武将。義時の孫。称名寺殿とも。引付衆・評定衆などを歴任。武蔵六浦荘金沢郷に住んで称名寺を建立、多くの書物を収集・書写して金沢文庫の基礎を築いた。金沢実時。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北条実時
ほうじょうさねとき

金沢実時」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北条実時
ほうじょうさねとき

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

北条実時の関連キーワード神奈川県横浜市金沢区金沢町金沢文庫(かねさわぶんこ)尾州家河内本源氏物語称名寺(神奈川県)神奈川県立金沢文庫叡尊(えいぞん)飛鳥井雅有称名寺境内金沢顕時宝治合戦金沢時直名越光時二条教定金沢実政

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android