コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北欧会議 ほくおうかいぎNordic Council

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北欧会議
ほくおうかいぎ
Nordic Council

北欧5ヵ国 (デンマークフィンランドアイスランドノルウェースウェーデン) の政策の統一を目指す評議機関で,1953年に発足,56年にフィンランドが加わった。自治領 (グリーンランドフェロー諸島オーランド諸島) を含む各国の国会議員代表によって構成され,オブザーバーとして各国政府代表が参加,年2回の総会で,2ヵ国以上にまたがる政策上の問題について勧告を行う。全会一致方式をとり,その決定は強制力をもたないが参加国政府に対する影響力は強く,勧告の6割は実現し,北欧共同労働市場をはじめ共通の法制度社会政策,交通・通信,文化政策の分野で統合の実績をあげてきた。北欧5ヵ国は安全保障政策を異にするため軍事,外交分野は避け,いわゆるロウ・ポリティクスの諸分野で成功を収めてきたものの,欧州連合 EUの統合が進み,北欧諸国の欧州連合 EU加盟が日程に上ることによって北欧会議も新たな方向を模索しつつある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほくおうかいぎ【北欧会議 Nordisk Råd】

1952年以来,デンマーク,アイスランド,ノルウェー,スウェーデンの各国議会および政府の代表により毎年定期的に開催されている評議機関(第1回は1953年),56年からフィンランドも参加し,アイスランドの6議席を例外にそれぞれ18議席を有し,さらに議決権のない各国政府代表をオブザーバーとして構成されている。ただし,69年の規約改正によって,デンマークのフェロー諸島,フィンランドのオーランド諸島の両自治領も議席を有し,さらにグリーンランドがデンマークで自治領化した(1979)のに伴い,議席をもった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の北欧会議の言及

【フィンランド】より


[外交]
 戦後,自由主義国家と共産主義国家との対立から,フィンランドは経済と政治の間に明確な線引きが行われ,西側と東側の利益の均衡が保たれる限りにおいて,経済分野では西欧への協力参加が可能であったが,政治的には中立を余儀なくされた。まず,フィンランドは1955年に国際連合と北欧会議に加入した。北欧会議の加入国の国民は,自由にスカンジナビア諸国に滞在して働くことができ,社会的給付を受けられるようになっている。…

※「北欧会議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

北欧会議の関連キーワードスカンジナビア主義(北欧)バルト海沿岸諸国評議会スカンジナビア主義北欧閣僚理事会スカンジナビアフェルディンNC

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android