コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北見大和堆 きたみやまとたい

2件 の用語解説(北見大和堆の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北見大和堆
きたみやまとたい

北海道オホーツク総合振興局能取岬北方の沖合い約 25kmのオホーツク海にある堆。オホーツク大和堆とも呼ばれる。北緯 44°~45°,東経 144°に位置する。日本海大和堆北大和堆と区別するため北見大和堆と命名された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕北見大和堆(きたみやまとたい)


北海道北東岸沖のオホーツク海にある浅堆。能取(のとろ)岬の北方約25kmからほぼ真北に約75km延びる。幅7~10km。南部の最浅部は水深123m。1923年(大正12)、測量艦大和が発見し、「オホーツク大和堆」とよばれていたが、1966年(昭和41)2月に改称。東側は急傾斜し、水深1000mを超す千島(ちしま)海盆に落ちる。西側は狭い海底地溝を隔てて北海道北東岸の大陸棚に続く。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北見大和堆の関連キーワードオホーツク海高気圧網走紋別ОхотскFMオホーツクオホーツクビールオホーツク紋別北海道網走市北海道紋別郡雄武町北海道オホーツク〈総合振興局〉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone