コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北見大和堆 きたみやまとたい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北見大和堆
きたみやまとたい

北海道オホーツク総合振興局能取岬北方の沖合い約 25kmのオホーツク海にある堆。オホーツク大和堆とも呼ばれる。北緯 44°~45°,東経 144°に位置する。日本海大和堆北大和堆と区別するため北見大和堆と命名された。堆の,200mより浅い部分は南北約 72km,東西の幅約 5.5~9kmで,最浅部は能取岬の北方約 42kmにあって水深 123m。堆の東側急傾斜大洋底深部に接している。寒海性のサケ,マス,タラ,スケトウダラニシンタラバガニコンブなどの好漁場である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕北見大和堆(きたみやまとたい)


北海道北東岸沖のオホーツク海にある浅堆。能取(のとろ)岬の北方約25kmからほぼ真北に約75km延びる。幅7~10km。南部の最浅部は水深123m。1923年(大正12)、測量艦大和が発見し、「オホーツク大和堆」とよばれていたが、1966年(昭和41)2月に改称。東側は急傾斜し、水深1000mを超す千島(ちしま)海盆に落ちる。西側は狭い海底地溝を隔てて北海道北東岸の大陸棚に続く。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

北見大和堆の関連キーワード改称千島真北

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android