能取岬(読み)のとろみさき

日本大百科全書(ニッポニカ)「能取岬」の解説

能取岬
のとろみさき

北海道東部、網走湾(あばしりわん)の北端部にあり、オホーツク海に突出する岬。周囲は標高40~60メートルの丘陵で、突端部に能取岬灯台があり、海食崖(がい)下の岩礁にはアザラシが群れる。岬を一周する道路美岬(みさき)ラインが通じる。地名はアイヌ語ノトロ(岬・の処(ところ))に由来する。

[岡本次郎]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「能取岬」の解説

能取岬
のとろみさき

北海道北東部,能取湖の東方,オホーツク海にのぞむ岬。網走市に属する。標高 42mの海成段丘で,段丘面牛馬放牧に利用される。先端部に灯台があり,知床半島を望む景勝地網走国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android