コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北越製紙 ほくえつせいし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北越製紙
ほくえつせいし

製紙会社。 1907年新潟県長岡市に設立。翌 08年長岡工場を開設,17年北越板紙を買収し新潟工場とする。 20年市川工場を建設。 38年に新潟板紙,39年に太陽パルプ,44年に北越パルプを合併。 58年本社機構を東京に移転する。 62年に北越不動産を設立し多角化をはかる。 64年新潟地震により新潟工場が被災したが 66年に再建工事完了。主要事業は紙 (洋紙,板紙) ,ファイバシート,繊維板,紙加工品の製造。白板紙では大手3社の一角を占める。 2000年7月には業界5位の三菱製紙と資本・業務提携を結び,資材調達を手始めに生産,販売などで連携をとっている。売上構成比は,パルプ・紙・紙加工品製造事業 93%,その他7%。年間売上高 1327億 3000万円 (連結) ,資本金 233億 600万円,従業員数 1128名 (2000) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

北越製紙の関連キーワード東京市場(2006年)北越紀州製紙山口 達太郎渋谷 善作山口達太郎田村 文吉田村文吉

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北越製紙の関連情報