コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十四代

デジタル大辞泉プラスの解説

十四代

山形県、高木酒造株式会社の製造する日本酒。平成22、23酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞受賞

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

じゅうよんだい【十四代】

山形の日本酒。酒名は、当主が14代目にあたることに由来。東京で酒造を学んだ15代目がベテラン蔵人に支えられて醸造し、平成5年(1993)に販売した。純米大吟醸酒、大吟醸酒、純米吟醸酒、吟醸酒、純米酒本醸造酒をそろえる。平成15、16、18~20、22~26年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は龍の落とし子山田錦など。仕込み水は葉山山麓の湧水。蔵元の「高木酒造」は元和元年(1615)創業。所在地は村山市大字富並。

じゅうよんだい【十四代】

山形の米焼酎。葉山山麓の自然水を用いて仕込み、単式蒸留器で常圧蒸留する。原料は米、米麹。アルコール度数25%、40%。蔵元の「高木酒造」は元和元年(1615)創業。焼酎と同名の清酒「十四代」の醸造元。所在地は村山市大字富並。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

十四代の関連キーワード酒井田柿右衛門(十四代)守田 勘弥(14代目)和宮親子内親王伏見宮貞建親王オンワード樫山十四代沈寿官市村羽左衛門中御門天皇黄檗柏樹子坂倉新兵衛大蔵弥太郎井伊直弼亀井味楽近代秀歌竜統元棟狩野邦信永楽妙全津守国美上月諦了徳川家茂

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十四代の関連情報