十四代

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

じゅうよんだい【十四代】

山形の日本酒。酒名は、当主が14代目にあたることに由来。東京で酒造を学んだ15代目がベテラン蔵人に支えられて醸造し、平成5年(1993)に販売した。純米大吟醸酒大吟醸酒純米吟醸酒吟醸酒純米酒本醸造酒をそろえる。平成15、16、18~20、22~26年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米はの落とし子、山田錦など。仕込み水は葉山山麓の湧水蔵元の「高木酒造」は元和元年(1615)創業所在地は村山市大字富並。

じゅうよんだい【十四代】

山形の米焼酎。葉山山麓の自然水を用いて仕込み、単式蒸留器で常圧蒸留する。原料は米麹。アルコール度数25%、40%。蔵元の「高木酒造」は元和元年(1615)創業。焼酎と同名の清酒「十四代」の醸造元。所在地は村山市大字富並。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十四代の関連情報