十宗(読み)じっしゅう

大辞林 第三版の解説

じっしゅう【十宗】

南都六宗・平安二宗・鎌倉二宗の総称。俱舎くしや・成実じようじつ・律・法相ほつそう・三論・華厳けごん・天台・真言・禅・浄土の一〇の宗派。
華厳宗で、釈迦の教説をその内容によって一〇に分類したもの。 → 五教

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android