コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十界図 じっかいず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十界図
じっかいず

十法界図ともいう。仏教世界観に基づいた地獄,餓鬼,畜生,阿修羅,人間,天の六道と声聞,縁覚,菩薩,仏の四聖を合せて十界とし,各界の相を描いて因果応報の理を図示した説話図。五趣生死輪図としてインドチベットで行われたが,中国,日本では六道に重きをおいた六道絵として盛行。日本で十界図と称される作例の滋賀,聖衆来迎寺蔵 15幅は,むしろ源信の『往生要集』によった六道絵の一種と解されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

十界図【じっかいず】

浄土教美術の一つで,仏教における生類すべての境地,迷いと悟りの世界である十界を描いたもの。六道と,声聞(しょうもん)・縁覚(えんがく)・菩薩・仏の四聖界を表す。
→関連項目地獄変

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の十界図の言及

【六道】より

…六道の苦を脱するのが仏教の解脱(げだつ)で,その上に声聞,縁覚,菩薩,仏の四聖を加えて十界とする説も広くおこなわれた。したがって六道絵は十界図の一部であることが多い。 六道絵と十界図は仏教の因果を説く唱導にもちいられたが,六道も十界も一心より出たものだという唯心説を説く唱導もり,一心十界図が描かれた。…

※「十界図」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報