コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六道絵 ろくどうえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六道絵
ろくどうえ

「りくどうえ」ともいう。一切の衆生が輪廻 (りんね) するという地獄,餓鬼,畜生,阿修羅,人間,天の六道を主題とした絵。阿弥陀浄土信仰が盛行した平安時代から鎌倉時代におもに制作され,寺院の壁面,屏風,掛物絵巻物経巻の見返し絵などに六道の諸相が描かれた。また六道の思想から六観音,六地蔵閻魔大王などの信仰も生じ,それらを扱った絵像も作られた。遺品としては『地獄草紙』『餓鬼草紙』などが著名。滋賀,聖衆来迎寺蔵『六道絵』 (15幅,国宝) のような大作も伝存する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

六道絵【ろくどうえ】

仏教で説く六道の世界を絵画化した仏画。平安中期以後浄土思想の発展とともに礼拝画や絵巻の形に盛んに描かれ,教化の材料とされた。罪業の深さを教え,地獄の苦痛を知らせる目的のため,苦難の相を切実に描写したものが多い。
→関連項目歌比丘尼十界図説話画

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろくどうえ【六道絵】

六道輪廻(りんね)の思想,ないしは六道の情景を描く仏画で,日本では浄土信仰の昂揚した平安時代以降,大衆教化の役割をかねて制作された。六道絵の原形はインドに求められる。それは五輻の車輪形の中に五道(地獄,餓鬼,畜生,人間,天上)の相を描き,輪廻の思想を示したもので,《五趣生死輪》と呼ばれ,アジャンター17窟に遺例を見る。この種の六道絵は西域をへて中国に達したと思われるが,遺品は少なく,記録の上では地獄変が多作されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ろくどうえ【六道絵】

六道の様相を描いた浄土教の絵。地獄草紙・餓鬼草紙などもその例。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六道絵
ろくどうえ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の六道絵の言及

【餓鬼草紙】より

…永遠にみたされない渇きや飢えに苦しみ,救いを求めて人間界に出没するおぞましい餓鬼の姿を仮借ない筆で描き出す。六道輪廻思想に基づき,苦悩にみちた世界を強調し,欣求(ごんぐ)浄土へと人々を駆りたてた六道絵の一つ。2巻が現存し,東京国立博物館本(河本家旧蔵)は,絵のみ10段で,産婦を求め嬰児(えいじ)の便をうかがいその命を奪うという伺嬰児便餓鬼や,人間の糞を食いあさる食糞餓鬼など,《正法念処経(しようぼうねんしよきよう)》の説く餓鬼を描き,緻密ですぐれた描写力をみせる。…

【死】より

… くしき符合というべきであるが,日本においても〈死の思想〉が急速に広まったのは王朝時代の末期から鎌倉時代の初期にかけてであった。古代末から中世的世界の形成期にかけて姿を現したといえるが,具体的には各種の〈往生伝〉の編述(王朝末期)および《地獄草紙》や《餓鬼草紙》などの六道絵の制作(鎌倉初期)となって実を結んだ。そしてそのような動きに大きな影響を与えたのが源信の《往生要集》であったことは重要である。…

【六道】より

…《正法念処経》には餓鬼に三十六鬼,地獄に八大地獄十六別所合わせて百三十六地獄があることを説いており,源信の《往生要集》もこれを受けて六道の苦を説いた。平安時代には多数の六道絵が描かれたことが文献に見えているが,《餓鬼草紙》《地獄草紙》はその一部が残ったのだろうという説もある。六道の苦を脱するのが仏教の解脱(げだつ)で,その上に声聞,縁覚,菩薩,仏の四聖を加えて十界とする説も広くおこなわれた。…

※「六道絵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

六道絵の関連キーワード兵庫県多可郡多可町八千代区中野間多可(町)浄土教美術宮 次男六道輪廻地獄変相地獄図能阿弥病草紙多可町日蔵下駄

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

六道絵の関連情報