千家十職(読み)センケジッショク

デジタル大辞泉の解説

せんけ‐じっしょく【千家十職】

千家茶道具を調製する10種の家柄。明治以後指定されたもので、陶工の楽家、塗師(ぬし)の中村家、茶杓師(ちゃしゃくし)の黒田家、表具師の奥村家、金物師の中川家指物師の駒沢家、袋師の土田家、一閑張細工師の飛来(ひき)家、釜師の大西家、土風炉(どぶろ)師の永楽家のこと。十職

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんけじっしょく【千家十職】

千家の茶道具を調製する一〇の家柄。明治中期に制定。現在は釜師大西家・茶碗師楽家・塗師ぬし中村家・指物師駒沢家・金物師中川家・袋師土田家・柄杓師黒田家・表具師奥村家・一閑張細工師飛来ひき家・土風炉どぶろ師永楽家をいう。十職。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android