コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千度 センド

デジタル大辞泉の解説

せん‐ど【千度】

[名]千回。転じて、回数の多いこと。
[副]
(主に関西地方で)たびたび。さんざん。「―言うたのに」
「―泣いたがようござったか」〈虎清狂・泣尼
ひどく。たいそう。
「初午は―むちゃむちゃぢゃわいな」〈洒・風流裸人形〉

ち‐たび【千度】

千回。また、回数の非常に多いこと。せんたび。
「思ひにし死にするものにあらませば―そ我は死にかへらまし」〈・六〇三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんど【千度】

( 名 )
千回。ちたび。
〔近世上方語〕 回数・分量などの多いこと。たびたび。なんども。 「 -いうても、とともう内のが耳潰してぢやつたが/滑稽本・浮世風呂 2
( 副 )
ひどく。たいそう。 「初午は-むちや〱ぢやわいな/洒落本・風流裸人形」

ちたび【千度】

回数の非常に多いこと。千回。 「底清み沈ける玉を見まくほり-そ告りし潜かづきする海人は/万葉集 1318

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

千度の関連キーワード呼ばふ・喚ばふ・婚ふ千番に一番の兼ね合い千番に一番の兼合会津田島祇園祭大麻(神道)バズーカ砲電波天文学静かな紅炎地球の深部電子ガスプラズマ死に返る浮世風呂千度の祓百度参り千度詣で備長炭恋重荷願掛け花細し

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千度の関連情報