猪口才(読み)チョコザイ

大辞林 第三版の解説

ちょこざい【猪口才】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
小生意気な・こと(さま)。そのような人をもいう。 「 -なことを言う」 「 -な小僧め」 「何と云ふ-だらう/坊っちゃん 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょこ‐ざい【猪口才】

〘名〙 (形動) (「猪口」はあて字) ちょっとした才能・才気があってなまいきなこと。こざかしいこと。また、そのさまやその人。ちょこ。
※浄瑠璃・女殺油地獄(1721)上「ヤちょこざいなけさい六、ゑらぼねひっかいてくれべい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イオ・ミン ペイ

国籍米国専門建築家肩書I・Mペイ&パートナーズ社代表 米国芸術科学アカデミー会員生年月日1917/4/26出生地中国・広東省学歴マサチューセッツ工科大学(MIT)卒;ハーバード大学デザイン大学院修士課...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android