小癪(読み)こしゃく

精選版 日本国語大辞典「小癪」の解説

こ‐しゃく【小癪】

〘名〙 (形動) (「こ」は接頭語。「こじゃく」とも)
① こざかしいこと。生意気なこと。また、そのさま。
※虎明本狂言・目近籠骨(室町末‐近世初)「『ちとまけさせらるる事はなりまらせぬか』『こしゃくな事をいふ人じゃ〈略〉』」
② ませていること。こましゃくれていること。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「まげゆはひの古ぎれで、帯をしめたりといたりして、こしゃくなことをしゃべりながら、おとなりごとをしてゐる」
③ 年頃であること。思春期にあること。
※歌舞伎・お染久松色読販(1813)序幕「こしゃく娘の有る内へ、同じこしゃくな若旦那、差置(さしおき)まするも正真の、井戸のはたの茶わんとやら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「小癪」の解説

こ‐しゃく【小×癪】

[名・形動]言動などが、どことなく憎らしく、腹立たしくなるような気持ちを与えること。また、そのさま。「小癪な言いぐさ」「小癪なまねをする」
[類語]半可通生意気こざかしい利いた風小生意気ちょこ才しゃらくさいこましゃくれる鹿爪らしい知ったか振り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android