コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南極横断山地 なんきょくおうだんさんち Transantarctic Mountains

3件 の用語解説(南極横断山地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南極横断山地
なんきょくおうだんさんち
Transantarctic Mountains

南極大陸ロス海西縁,ビクトリアランド北端からウェッデル海東縁のコーツランド付近まで,大陸を横切るように連なる山地。アドミラルティー山脈,プリンスアルバート山脈,クイーンモード山脈,ホーリック山脈,ペンサコラ山地など 2000~4000m級の山脈群が 3500kmにわたって連なる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なんきょく‐おうだんさんち〔‐ワウダンサンチ〕【南極横断山地】

南極大陸を横断するように走る山脈。全長約3500キロメートルロス海側のビクトリアランドアデア岬からウェッデル海コーツランドまでを貫き、東南極西南極の境界を成す。最高峰カークパトリック山(標高4528メートル)。南極横断山脈。トランスアンタークティック山脈。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南極横断山地
なんきょくおうだんさんち
Transantarctic Mountains

東南極楯状地(たてじょうち)と西南極大陸との間にあって、ロス海西縁ビクトリアランドの北端アデア岬から、ウェッデル海側のコーツランドにかけて、約3500キロメートルに及ぶ山群。最高点のカークパトリック山Mount Kirkpatrick(4528メートル)をはじめ、2000~4000メートル級の山が連なる。多くは古生代初期の褶曲(しゅうきょく)帯を基盤として、上に堆積(たいせき)岩があり、その後の断層運動で隆起した。山地はアデア岬から南極点付近まで連続的で、その先は不連続的である。山地の間を東南極氷床の氷が西南極側へ注いでいる。ビクトリアランドの山地には、氷河が後退し、ドライバレーとよばれる無氷雪の谷がある。この地域の研究には日本人も参加して成果をあげている。[楠 宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の南極横断山地の言及

【南極】より

…大陸内部にあって周辺から最も遠い地点は到達不能極Pole of Inaccessibility(南緯82゜06′,東経54゜58′)と呼ばれるが,ソ連隊(1958年12月14日到達)とアメリカ隊が付近を探査した。
[地形,地質]
 南極大陸はほぼ南極圏内にあり,それを大きく二分する南極横断山地Transantarctic Mountainsによって,東半球に属する古い大陸塊の東南極大陸(大南極もいう)と,地質年代がこれより新しい西南極大陸(小南極)とに分けられる。また太平洋側からはロス海,大西洋側からはウェッデル海が深く湾入している。…

※「南極横断山地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

南極横断山地の関連キーワードアデア岬ビクトリアランド棚氷ロス海ビクトリア勲章スコット島東南極マクマード入江ビクトリアスウエッデル海

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone