コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南海トラフ地震 ナンカイトラフジシン

2件 の用語解説(南海トラフ地震の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なんかいトラフ‐じしん〔‐ヂシン〕【南海トラフ地震】

日本の太平洋沖、南海トラフ沿いを震源とする三連動地震東海地震東南海地震南海地震が慶長9年(1605)、宝永4年(1707)、安政元年(1854)に連動して発生したことが知られる。南海トラフ巨大地震
[補説]平成25年(2013)に政府が発表した被害予測によると、マグニチュード9クラスの巨大地震が発生し、死者は沿岸部を中心に最大約32万人に上ると想定されている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

南海トラフ地震

静岡県・駿河湾から九州東方沖まで続く深さ約4千メートルの海底のくぼみ(トラフ)を震源にする地震。1600年代以降だけでもマグニチュード7~8級の大きな地震が繰り返し起きている。国はM9.1の地震が起きた場合、津波などによる死者は全国で32万3千人、大分県で1万7千人に上るとの想定を12年8月に発表した。

(2014-01-06 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南海トラフ地震の関連情報