南海トラフ地震(読み)ナンカイトラフジシン

デジタル大辞泉の解説

なんかいトラフ‐じしん〔‐ヂシン〕【南海トラフ地震】

日本の太平洋沖、南海トラフ沿いを震源とする三連動地震東海地震東南海地震南海地震が慶長9年(1605)、宝永4年(1707)、安政元年(1854)に連動して発生したことが知られる。南海トラフ巨大地震
[補説]平成25年(2013)に政府が発表した被害予測によると、マグニチュード9クラスの巨大地震が発生し、死者は沿岸部を中心に最大約32万人に上ると想定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

南海トラフ地震

静岡県から宮崎県にかけて最大震度7の可能性があり、太平洋沿岸で10メートルを超える大津波が想定される。気象庁によると、南海トラフ地震は100~150年間隔で繰り返し発生。1944年と46年に発生した前回地震から70年以上が経過した現在、の地震発生の切迫性が高いとされる。政府地震調査委員会は、30年以内の発生確率を「70~80%」としている。

(2019-03-08 朝日新聞 朝刊 静岡・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南海トラフ地震の関連情報