南 美江(読み)ミナミ ヨシエ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

南 美江
ミナミ ヨシエ


職業
女優

本名
南波 房江(ナンバ フサエ)

別名
前名=美空 暁子

生年月日
大正4年 10月5日

出生地
広島県 広島市中区大手町

出身地
神奈川県 横浜市

学歴
横浜第一高女卒,宝塚音楽歌劇学校卒

経歴
昭和8年横浜第一高等女学校を卒業後、宝塚歌劇団に入り、9年美空暁子の名で「トゥランドット姫」で初舞台。男役として活躍していたが、16年退団。17年かかりつけ医が長岡輝子を知っていた縁で、文学座研究生となり、新劇に転じる。19年南美江を名乗り、「怒涛」で新劇の初舞台を踏む。26年から1年間、ラジオ東京「チャッカリ夫人とウッカリ夫人」に出演、チャッカリ夫人を演じてその名を知られるようになった。38年文学座を脱退してグループNLTの結成に参加。39年「バージニア・ウルフなんかこわくない」でマーサ役を演じ、芸術祭賞奨励賞。40年には三島由紀夫原作の「サド侯爵夫人」で夫人の母を演じ、生涯の当たり役となった。同年「バージニア・ウルフなんかこわくない」「サド侯爵夫人」で新劇演技賞を受賞。43年浪曼劇場、47年劇団雲を経て、50年から演劇集団円に所属。58年紀伊国屋演劇賞を受賞。平成13年別役実「当世風 雨月物語」が最後の舞台となった。上品な雰囲気の老女役で存在感を発揮した。他の出演作に、舞台「女の一生」「にんじん」「夜の向日葵」「天守物語」「黒蜥蜴」、映画「地獄門」「男嫌い」「Wの悲劇」「外科室」「NIGHT HEAD」、テレビ「ムー」「ノンちゃんの夢」などがある。

受賞
勲四等瑞宝章〔昭和63年〕 芸術祭賞奨励賞〔昭和39年〕,新劇演技賞(第10回)〔昭和40年〕,紀伊国屋演劇賞〔昭和58年〕

没年月日
平成22年 8月6日 (2010年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android