天守物語(読み)てんしゅものがたり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天守物語
てんしゅものがたり

泉鏡花(きょうか)作の戯曲。一幕。1917年(大正6)『新小説』9月号に発表。播州(ばんしゅう)姫路(兵庫県)の白鷺(しらさぎ)城の天守閣第五層を舞台に、ここに棲(す)み着く天守夫人富姫を中心に、鏡花独自の幻想美の世界が、華麗な台詞(せりふ)にのって展開する。富姫は、逃げた鷹(たか)を求めて天守探索を命じられた若き武士と恋に落ちるが、妖怪(ようかい)世界の守護神たる獅子頭(ししがしら)が荒くれ武者どもによって目を突かれたため、2人は失明。しかし工人桃六(とうろく)の鑿(のみ)によって開眼して愛を全うするという、芸術至上主義が強く打ち出されている。作者存命中は『海神別荘』とともに上演をみず、鏡花自身、この作品を上演してくれる人がいたら謝礼はいらぬ、こちらからお土産(みやげ)を贈るのだがといったほど、上演はむずかしいと思われていたが、1951年(昭和26)新橋演舞場の新派公演で、伊藤道郎(みちお)の演出で初演。花柳(はなやぎ)章太郎の富姫、水谷八重子の亀(かめ)姫で大成功を収めた。新派はその後『海神別荘』『夜叉ヶ池(やしゃがいけ)』などを逐次上演、『天守物語』は歌舞伎(かぶき)や新劇、オペラなど多方面でさまざまな演出により上演されている。[藤田 洋]
『『天守物語』(『夜叉ヶ池』所収・講談社文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天守物語の関連情報