占田・課田(読み)せんでん・かでん

百科事典マイペディアの解説

占田・課田【せんでん・かでん】

中国,西晋の武帝司馬炎)が天下統一後,280年に施行した土地制度。占田法は丁男70畝・女30畝,戸主以外は男50畝・女20畝,官位あるものは身分に応じ10〜50頃(けい)というように土地所有額を規定したもの。課田法は耕作義務の割当額を丁男50畝・女30畝とした規定で,その語義や両者の関係については諸説あり,はっきりしない。実施を示す資料もほとんどない。
→関連項目魏晋南北朝時代均田法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android