コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

占田・課田 せんでん・かでん

1件 の用語解説(占田・課田の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

占田・課田【せんでん・かでん】

中国,西晋の武帝(司馬炎)が天下統一後,280年に施行した土地制度。占田法は丁男70畝・女30畝,戸主以外は男50畝・女20畝,官位あるものは身分に応じ10〜50頃(けい)というように土地所有額を規定したもの。
→関連項目魏晋南北朝時代均田法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

占田・課田の関連キーワード三国時代司馬懿司馬睿司馬炎杜預八王の乱樊かい陸賈光武帝樊噲

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone