コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

占田・課田 せんでん・かでん

百科事典マイペディアの解説

占田・課田【せんでん・かでん】

中国,西晋の武帝司馬炎)が天下統一後,280年に施行した土地制度。占田法は丁男70畝・女30畝,戸主以外は男50畝・女20畝,官位あるものは身分に応じ10〜50頃(けい)というように土地所有額を規定したもの。
→関連項目魏晋南北朝時代均田法

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

占田・課田の関連キーワード晋[魏晋南北朝]晋(中国の王朝)武帝[西晋]占田・課田制三国時代戸調式限田説課田法

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android