コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

占田法 センデンホウ

デジタル大辞泉の解説

せんでん‐ほう〔‐ハフ〕【占田法】

中国、武帝が280年に制定した土地制度地位に応じた土地所有を定め、大土地私有を制限しようとしたものという。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

占田法【せんでんほう】

占田・課田

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんでんほう【占田法 Zhàn tián fǎ】

中国,西の土地制度。占田課田制ともよばれる。《晋書》食貨志によると晋の武帝が呉を平定し天下を統一した時点(280)で発布され,税制の戸調式とセットをなす。占田法は,第一品の50項以下逓減して十品の10項に至る官人の占田と,男子1人70畝,女子30畝,すなわち夫婦の一家で100畝の一般民の占田を含む。これは身分に応じて土地所有の上限を定めたものとみられ,漢代以来の限田政策(限田法)の定着した制であろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

占田法の関連キーワード総合年表(北・東・東南アジア)占田法・課田法課田法均田法佃客

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android