コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸調式 こちょうしき Hù tiáo shì

3件 の用語解説(戸調式の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こちょうしき【戸調式 Hù tiáo shì】

中国,西の税制。《晋書》食貨志によると,呉を平定して天下を統一した時点(280∥太康1)で,土地制度占田・課田制(占田法)とともに発布された。〈晋令〉に戸調の編目があり,の戸調(戸ごとに均額の繊維製品等を課す税制)をうけついだ制度で,大綱は以降南朝にまで受けつがれた。税額は,戸主が丁男(16~60歳)の戸は絹3疋(1疋は長さ4丈)と綿(まわた)3斤,女子あるいは次丁男(13~15歳,61~65歳)が戸主の場合は半額,辺郡は距離に応じて2/3,1/3と減額し,西南の少数民族は戸ごとに賨布(そうふ)1疋,遠方では毎戸1丈を納める定めであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戸調式
こちょうしき

占田・課田制」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戸調式
こちょうしき

中国、280年に晋(しん)朝が公布した税法。『晋書(しんじょ)』食貨志(しょっかし)に「丁男(ていだん)の戸は歳ごとに絹三匹、綿(まわた)三斤を輸し、(丁)女及び次丁男の戸(主)となる者は半輸す。其(そ)れ諸辺郡はあるいは三分の二、遠き者は三分の一(を輸す)。夷人(いじん)(そうふ)を輸す。戸ごとに一匹。遠き者はあるいは一丈」と規定する。戸調は戸対象の税で、前漢以来の人頭税である算賦(さんぷ)や固定資産税である(しさん)は後漢(ごかん)末に廃止され、戸ごとに絹2匹、綿2斤の税法が創設され、それが発展して戸調式となった。一般には戸の貧富によらず一律賦課とされるが、反対意見もある。戸調式は晋朝の土地制度である占田(せんでん)法・課田(かでん)法とともに公布されたため、税の内容は土地制と関連して考察されることが多い。[中村裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戸調式の関連キーワード司馬睿食貨志陳寿ヒルト蔗境食貨占田法天の美禄百薬の長美禄

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone