コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

選叙 センジョ

デジタル大辞泉の解説

せん‐じょ【選叙】

多くの人の中から選んで官職に任じたり、位を授けたりすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せんじょ【選叙】

日本古代の律令官僚制で,人材を選んで官を授け,また毎年の勤務評定にもとづくなどで位階に叙すること。大宝選任令・養老選叙令によると,叙位は,内・外(げ)五位以上に叙する勅授,内八位・外七位以上に叙する奏授,外八位および内・外初(そ)位に叙する官判授の3段階に分かれたが,蔭位(おんい)資格者は21歳以上,その他は25歳以上で叙位された。任官は,大納言以上などの中枢的な高級官僚を任命する勅任をはじめ,奏任,判任,式部判補の4段階に区分されたが,律令官僚の採用・昇進についての基本理念は徳行才用主義とよばれ,本人の徳性を中心にして,才能の高いものを任ずることをたてまえとした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せんじょ【選叙】

選んで、叙位・叙任すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

選叙の関連キーワード養老律令式部省兵部省学令帳内史生除名致仕嫡子資人

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android