卵巣ホルモン(読み)ランソウホルモン

化学辞典 第2版「卵巣ホルモン」の解説

卵巣ホルモン
ランソウホルモン
ovarian hormone

卵巣から分泌されるホルモン総称卵胞期に分泌されるエストロゲンと,黄体期に分泌されるプロゲステロンをさすことが多いが,これらステロイドホルモンのほかに,卵胞の顆粒膜細胞から分泌されるペプチドホルモンであるインヒビンやゴナドクリニンを含めることもある.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典「卵巣ホルモン」の解説

らんそう‐ホルモン ランサウ‥【卵巣ホルモン】

〘名〙 (ホルモンはHormon) 成熟婦人の卵巣から分泌される性ホルモン卵胞ホルモン黄体ホルモンとがある。前者は女性性器の発育と機能とをつかさどり、後者は前者と協同して働いて受精卵着床を容易にし、また妊娠の継続作用がある。女性ホルモン

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

栄養・生化学辞典「卵巣ホルモン」の解説

卵巣ホルモン

 女性ホルモンともいう.卵巣から分泌されるステロイドホルモン.エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)がある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報