コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原一男 ハラカズオ

2件 の用語解説(原一男の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はら‐かずお〔‐かずを〕【原一男】

[1945~ ]映画監督。山口の生まれ。本姓、小林。異色のドキュメンタリー映画で国内外から評価を受ける。代表作「さようならCP(シーピー)」「極私的エロス・恋歌1974」「ゆきゆきて、神軍」、晩年の井上光晴を記録した「全身小説家」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原一男 はら-かずお

1945- 昭和後期-平成時代の記録映画監督。
昭和20年6月8日生まれ。都立光明養護学校介助員となり,身障者の写真撮影からスタート。昭和46年疾走プロを設立。49年の「極私的エロス・恋歌1974」や62年の「ゆきゆきて,神軍」で注目をあつめる。平成6年がんとたたかう井上光晴の記録「全身小説家」を発表。早大客員教授をへて18年より大阪芸大教授。山口県出身。山口高卒。本名は小林一男。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

原一男の関連キーワード市川崑記録映画黒木和雄羽仁進柳町光男稲見一良小泉修吉四宮鉄男時枝俊江松本俊夫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原一男の関連情報